隠岐の島・美味しい海の宿 隠岐プラザホテル 当ホテルのこだわり
隠岐プラザホテルではとことんまで「お米」にこだわっています。

お客様にお出しする、隠岐の食材を使った料理を正確な味覚で判断して貰うためには、隠岐の食材に負けない素晴らしいお米を用意する必要があると考えたからです。
隠岐の食材に負けず、そして隠岐の食材と一番マッチングするのは、隠岐の米を置いて他にはありません。
いくら素晴らしいからと言って、隠岐のお魚に、新潟のコシヒカリはマッチしないのです。それが全て「独特」という二文字に凝縮されています。

隠岐の食材を一層引き立てるためにも、隠岐のお米は絶対に欠かすことが出来ません。

隠岐プラザホテルでは、自ら水田を持ち、田植えから収穫、そしてお客様の口に入るその瞬間まで、全ての行程に責任を持って取り組むことで、この隠岐の食材に負けない素晴らしいお米を提供できる体制を作ることに成功いたしました。
お米に満足して初めて、当ホテルがお出しする料理の数々を、お客様が持つ本来の味覚で満足していただけるものと信じてやみません。

隠岐プラザホテルにお越しの際には、是非こだわり抜いた「お米」の味もお楽しみ頂きたいと存じます。
隠岐プラザホテルではとことんまで「素材」にこだわっています。

お客様に隠岐の島を味わっていただくために、島の素材をとことん使用しています。
当ホテル専属の素潜り漁師が、天然のアワビやサザエを素潜りにて取ってきます。
素材に傷をつけず隠岐の海を知り尽くした漁師の目と、経験から生まれる勘で美味しい天然アワビ・サザエを獲ってくれます。

漁場も島後の北端に位置する中村地区周辺で獲ります。
豊かな海を創るのは豊かな山。
山の恵みを受け取った海は、ミネラルがとても豊富。もちろんその中で育つ海藻はとっても美味しい!
この辺りの海は、島内でも高い透明度を誇り、豊かな岩礁が広がっています。
餌となるアラメやワカメなどの海藻も、栄養分を豊富に含んでいて私たちが食べても美味しいものばかりです。 そんな美味しい餌を食べて育ったアワビ・サザエは、噛むほどに磯の香と旨みが口の中いっぱいに広がります。

是非、こだわり抜いた「素材」の味もお楽しみいただければ思います。
隠岐プラザホテルではとことんまで「景観」にもこだわっています。

全室が港に面しており、船でにぎわう朝夕の景色を窓越しに堪能いただくことができます。
日本海は春夏秋冬により様々な表情を見せてくれます。
そんな四季折々の風景を全室からご覧いただけることも魅力です。
当ホテルの近くを流れる八尾川

朝、お散歩していただくにはとてもいい場所です。
港の町並みを眺めながらゆっくりとした時間を
お過ごしください。